テレビで人気のおしゃれな壁掛けボードを時短で作れる裏技

最近お店やレストランなどでよく見かける壁掛けのテレビですが、スタイリッシュなイメージで印象は良いものの、自宅のテレビはまだテレビ台に置いたままという方がほとんどのようです。テレビを壁掛けにすると、安定性がアップする、インテリアがおしゃれになる、スペースを確保できる、位置によっては大きなサイズのテレビを置ける、金具を工夫すれば観る場所に合わせて高さや向きを変えられるといったメリットが生まれます。揃えている機材によってはテレビ台自体が必要なくなることも考えられますが、スピーカーを置いたりデッキなどを収めたりする場合はテレビボードを置くことをお勧めします。ボードがあっても、テレビを置かないだけで空間が確保でき、すっきりとした雰囲気になります。しかし、せっかくおしゃれに設置しても、雰囲気を邪魔してしまうものがあるのです。

壁掛けのテレビをよりおしゃれに見せるためには

テレビを壁掛けにした場合、おしゃれな雰囲気を妨げる一番の要因は、電気コードの配線が丸見えになってしまうことです。せっかくスタイリッシュに配置したつもりでも、テレビの下からケーブルが垂れ下がっていたら残念な仕上がりになってしまいます。配線を見えなくする方法はいくつかあります。まずは、テレビを取り付ける壁にコンセントやアンテナ端子を作る方法や壁裏に配線を隠してしまう方法もありますが、どちらも賃貸住宅の場合などは退去時に修繕費がかさむ可能性があるので注意しましょう。大掛かりな工事や穴あけの必要がないのが、配線モールとケーブルソックスです。配線モールは取り付けも簡単で、ホチキス留めのタイプなら傷もほとんど残りません。ケーブルソックスは長いケーブルには向きませんが、ボードを置くなどして数10センチのケーブルを隠すだけで良いようにすれば、ケーブルの存在はほとんど目立ちません。

配線処理だけでなく壁掛けのテレビの設置箇所も重要です

今回は、壁掛けのテレビのおしゃれな雰囲気を妨げてしまうケーブルを隠す方法をお伝えしました。配線をどのように処理するかは、お部屋全体の雰囲気を左右する課題となります。なお、隠さなければいけない距離が長くなると、配線モールやケーブルソックスも違和感が出てきますし、手間もかかります。コンセントの位置も、設置箇所を決める際には重要です。持ち家などで工事をしても大丈夫な場合は、コンセントの増設や壁裏に通す方法もご検討ください。工事の場合や配線モールを活用する際は、なるべく工事業者に頼んでおくことを推奨します。なお、テレビを壁掛けにした場合、その後のテレビの場所移動が簡単にはできなくなるというデメリットがあります。これも合わせて、設置箇所の位置や高さは慎重に決定しましょう。ボードも活用しながらスタイリッシュなお部屋を目指しましょう。

満足度96%! 法人様限定で掛売り(後払い)のご相談を承ります。 お電話やメール・LINEでのお問い合わせは、平日の10時~18時にて対応させて頂きます。 テレビだけでなく、付属するAV機器も一緒に壁掛け。 数多くのホテル業者や家電量販店から壁掛け金具のご注文を頂いております。 今だけご購入特典!1人でも設置が出来るように詳細な設置動画集をプレゼント! テレビのボードや壁掛け金具販売専門店!部屋をおしゃれにしたい方必見!