テレビ ボード 壁掛け おしゃれ

2011年の地デジ化への完全移行により、いまではブラウン管のテレビはほとんどみかけなくなり、プラズマや液晶の薄型テレビが主流になりました。テレビが薄型になったことで、壁にかけて空間を上手に使いおしゃれにリビングのインテリアのひとつとして配置できるようになりました。ただ壁にかけるだけでなく周りもおしゃれに配置すればグッと快適な空間に仕上がりますので、いろいろ工夫していきたいところです。壁掛けできるテレビ専用のテレビボードもあり、グンとお手軽におしゃれにできるようになりました。壁掛けができるテレビボードだと直接壁に穴をあける必要がないので壁に穴をあけたくない場合、大変便利です。テレビがすっきり収まるように設計されていますので。このようなボードをつかえば配置するだけですっきりおしゃれにまとめることができるでしょう。

テレビを壁掛けにする時のボードとは

テレビを直接、壁に取り付ける場合では、下にテレビボードを配置することで、配線などの目隠しにもなり、良いでしょう。壁にテレビを取り付けるだけより、ボードを置くことで、収納も確保できますし、おしゃれな小物や観葉植物などを配置することもできます。テレビボードも壁に取り付けるとよりすっきりした印象になるでしょう。音にこだわる方であれば、テレビボードの両脇にスピーカーを配置すると高級感のあるリビングの印象がうまれます。また、テレビを壁掛けにする時に壁紙を少しかえてみたりしても面白いかもしれません。レンガのようなふくらみのある壁紙もあるので利用することで、おしゃれにまとめることができます。壁に直接テレビを配置する場合、配線をどのようにするか考えるのが重要といえるでしょう。壁にとりつけてすっきりしても配線が露出していてはどうしても生活感がでてしまいます。配線モールを使うと隠せます。

配線を上手にかくしてテレビをおしゃれに設置するための方法

またDIYでテレビを壁掛けするためのボードを作るとその後ろに配線を隠すこともできるのでおすすめです。寸法なども自分で合わせることができますし、配色や棚を取り付けるなど自分好みにつくることができます。DIYをする際に、大変便利なのが、2×4(ツーバイフォー)材をつかって、壁板をつくる方法があります。2×4材に器具をとりつけて、床と天井に突っ張り棒のようにして立てることができる商品があります。それを利用して、2×4材で柱を作り、そこに板を張っていけば、壁に傷をつけることなく、板の壁を作ることができます。しっかり垂直に2×4材を立てることにより、強度も十分なものになります。塗装する色によってもシックな感じにもカントリー調にも自分の好きな雰囲気で作ることができるでしょう。板の壁をつくっているので、観葉植物を掛けるだけでも、大変おしゃれな仕上がりになるでしょう。