工業の新しい設備導入

工業の古い設備は買取を

役に立つ工業用機械の買取

経済のグローバル化で、工業製品は世界各国と競争です。そのため、国内で量産する機械は、経費節減が求められます。最大のコスト削減は省力化です。省力化のための設備投資は避けて通れません。そこで、どのような設備を導入するかで、その後の経営に影響が出ます。もちろん、性能の高い機械は価格が高くなるのは当たり前で、設備投資として会社の経営に影響する場合もあります。しかし、工業製品は世界との競争です。安く良い製品を作るには最新の設備が必要になります。設備の入れ替えのために、古い設備を買取してもらいましょう。世界からの需要もあります。買取してもらった代金を、新しい設備購入に充てることが出来ます。

工業高校の機械科について

工業高校の機械課では、学習の他、実験や実習を通じて、社会に貢献できる技術者になるために、専門的な知識と技術を習得し、設計から製造や整備・管理などの業務を学んでいきます。時代に即した技術や知識を習得できるよう、自動車工学や電気・コンピュータなどの情報通信機器の学習も多く取り入れられています。 工業高校の在学中に、製図検定、アーク溶接技術検定、2級ボイラー技士や危険物取扱主任者などの、就職に有利な資格取得をすることも可能です。卒業後は、鉄道会社や自動車会社、鉄鋼企業などの開発職や技術職に就いたりする他、大学や専門学校に進む生徒もいます。

↑PAGE TOP