工業機械の修理と維持

工業機械のメンテナンス

工業機械の定期修理について

世の工業界では、機械を使って製品を製造するというパターンが非常に多いです。そのような設備は定期的にメンテナンスし、必要に応じて修理をしなければなりません。単純なマシーンなら部分的な補修で良い場合もありますが、回転機器や精密機器の場合は、分解してメンテナンスをして復旧するというオーバーホールが必要になってきます。そのメンテナンスの頻度は、状況にもよりますが、概ね半年から1年に1回程度行うのがよいです。その間、設備が停止しているのですからその分の生産量は落ちますが、万一、長年稼働しっぱなしにしていてある日突然マシーンが壊れたら修理どころか設備をそっくり買い替えないといけなくもなり、それこそ定期メンテナンスの方が安く済みます。それが工業設備やラインを安定させる秘訣です。

機械に置き換わるロボットの役割

日本の工業は、製造業を中心に発展してきました。そこでは、工業製品を作り出すために各種機械が設置され、労働者はそれらを使いながら素材加工、切断、溶接、熱処理などの工程を経て、得意先へ納品するシステムとなっています。近年の機械設備は半自動化や自動化が進み、最近では、人間の工程を正確・安全・迅速に処理できるロボットが脚光を浴びるに至っています。ロボットは、プログラミングされた通りに作業を進めることが可能であるため、その利便性と・効率性には定評があります。しかし、それを操作するのは人間の役目であり、ロボットの作業がすべて人間に置き換わることはないと考えられます、それは、人間には、ロボットにはできない柔軟性・想像力があり、臨機応変な対応が可能だからと考えられます。

↑PAGE TOP