補償導線の詳細と種類

補償導線と金額の詳細

補償導線と一般の導線との違い

補償導線とは、熱電対とほぼ同じぐらいの熱起電力特性をもつ金属を使用している導線のことをいいます。つまり、熱電対の種類に合わせてこの導線を使わなければいけません。これを間違うと正しく測定されないのです。また、熱電対とほぼ同等の熱起電力であればそれでいいのかといえばそうではありません。その補償導線の使用温度範囲がありますので、それに限定されるのです。熱電対と計測器の間を、通常の導線のように使うことができます。

↑PAGE TOP